映画鷲は舞い降りたのフル動画を無料視聴できるおすすめVODサービス

映画「鷲は舞い降りた」について

「鷲は舞い降りた」の概要

ヒットしたミリタリー小説、その映画として名高い作品の1つに鷲は舞おりたがあります。
この作品は当時小説が大ヒットし、わずか1年で映画化にまで至ったと非常に人気の高い作品です。

鷲は舞い降りたのあらすじ
主なあらすじとしては英国首相のチャーチルを拉致する目的を達成する為に奮闘する流れです。
1943年に実行されたムッソリーニ救出作戦、これを見事成功させた自軍にアドルフ・ヒトラーは非常に気を良くしました。
そこでヒトラーは調子に乗り、英国首相であるチャーチルの拉致計画を思いつきます。
そしてヒトラーはこの計画を国防軍に所属するヴィルヘイムに評価してもらいましたが、当たり前のごとくその内容は非現実的、その為カナリスはこの計画の名目が立つ程度で調査することを部下であるマックス大佐に任せます。
さっそく仕事に取り掛かったマックス大佐でしたが、なんとタイミングよくチャーチルがイギリスのある村へ訪問する予定があるとの情報をつかみました。
この情報がもとでマックスはもう一度作戦を練り直し、現地での協力者として教鞭をとっているデブリンに交渉、実行部隊の隊長も目星をつけました。
しかし順調に作戦を立てているマックスの元にこの作戦に乗り気でないカナリスから中止の命令が来てしまいます。
運が良いのか悪いのか、中止の命令が来たところへ親衛隊の長官であるヒムラーの部下が訪れ、この作戦を知ったヒムラーはマックスへカナリスには内密に作戦を実行するように要請しました。
かくしてお墨付きをもらったマックス、いよいよ困難を極める任務が幕を開けます。

鷲は舞い降りたの見どころ
今作品の見どころ、それはやはり作戦実行時のアクション、そしてその物語ですね。
この当時は基本ドイツ兵は悪者、連合軍こそが正義という一種の社会現象が起きておりその中であえてドイツ兵をメインにした作品、これは非常に珍しくこの年代の作品では他には中々ないでしょう。
更にドイツ兵が悪役を演じるのではなく、人情味のある主要のキャラクターとしてこの作品を引き立てています。
またアクションシーンともいえる銃撃戦では立ちはだかってくる大きな敵に対し、様々な葛藤を抱きつつも任務のために行動するドイツ兵たちは視聴者に熱い想いを抱かせてくれます。

鷲は舞い降りたの主力キャスト
有名なキャストとしては実行部隊の隊長を演じたマイケル・ケインが挙げられますね。

戦争映画にも拘わらずドイツ主点で描かれた本作は、その素晴らしさも藍真理今も評価され続けています。
是非小説、映画ともに見て楽しみたいですね。

おすすめの記事