映画ゲット・アウトのフル動画を無料視聴できるおすすめVODサービス

映画「ゲット・アウト」について

「ゲット・アウト」の概要

2017年にアメリカで公開されたゲット・アウトは、コメディ制作の第一人者、ジョーダン・ピール監督が初めて手掛けたホラー作品です。
映画評論家からの評価もとても高いこの映画の面白さとは、一体どんなシーンにあるのでしょうか。

ゲット・アウトのあらすじ
黒人のカメラマンであるクリスには裕福な白人の恋人ローズがいますが、ある日彼は彼女の実家アーミテージ家に挨拶に行くことになります。
その道中で誤って鹿を轢いてしまい、クリスは警官に横柄な態度を取られますがローズが警官に反発したところで難を逃れます。
ようやくアーミテージ家に到着すると彼は彼女の両親から温かく歓迎されますが、そこで禁煙の催眠療法を勧められたり、黒人使用人たちの異常行動を目撃します。
そんな中、クリスは翌日にローズの祖父をたたえるパーティーが行われるという知らせを受けます。
その夜、使用人たちの異常な行動を恐れて慌てて隠れた母親の部屋で彼は催眠療法をかけられてしまい、母親の亡くなった記憶を思い出されます。
白人だらけのパーティーに嫌気がさしたクリスは黒人青年、ローガンを見つけ写真を撮ると突然鼻血を出しながら「出ていけ!」と襲撃を受けます。
慌ててその場を逃れようとする彼に数々の奇妙な出来事が襲い掛かりますが、友人のロッドによって何とか救出されます。

ゲット・アウトの見どころ
映画の見どころは、作品内に数多く隠された人種差別への強いメッセージです。
クリスとローズが道中ではねてしまった鹿はメスで、ブラックバックという種類ですが、スラングでは粗暴で白人女性を襲う黒人男性という偏見の意味があります。
また鹿を表す単語deerにもまた、スラングで彼女を作ろうとして失敗する男という意味もあり、まさにクリスのその後を示唆しています。
他にも、催眠術をかけるシーンはかつての奴隷制度を彷彿とさせます。
奴隷制の下で、黒人たちの中には催眠術で人格や意思を奪われ、洗脳されて過酷な労働を強いられた記録もあります。
ローガンから逃げた後、パーティーの参列者たちは庭に集まって怪しいオークションのような儀式を始めますが、これも人身売買を示唆してるように見えます。
白人と黒人の両親を持つ監督の意図として、観客の心にある無意識の差別意識を気づかせる、そんなメッセージが含まれています。

ゲット・アウトの主力キャスト
キャスティングには主役クリスにダニエル・カルーヤ、11歳の子供時代の彼にはザイランド・アダムスが起用されています。
恋人のローズにはアリソン・ウィリアムズ、ローズの両親ディーンとミッシーにはそれぞれブラッドリー・ウィットフォード、キャサリン・ターナーが演じています。
その他重要な役どころとして、友人ロッドにはリル・レル・ハウリー、黒人の使用人たちにベティ・ガブリエル、マーカス・ヘンダーソンという配役です。

ホラー映画によくある殺戮シーンは少ないですが、ゲット・アウトには黒人差別へのメッセージが緻密に計算され、時にコミカルに描かれています。
残酷な描写が苦手な人でも見ることができるサスペンスホラーとして、大変おすすめできる作品です。

おすすめの記事