映画Uボートのフル動画を無料視聴できるおすすめVODサービス

映画「Uボート」について

「Uボート」の概要

もともとはテレビドラマとして作成され、ドイツで映画化した際には大ヒットを記録したU・ボートという作品は現在もかなりの評価を獲得しています。
特に現代の金額で役40億円もの製作費を使用して作成されたU・ボートのレプリカはこの撮影で非常に大きな力を発揮し、視聴者をくぎ付けにしました。

Uボートのあらすじ
主なあらすじとしては1941年、第二次世界大戦の秋の季節になります。
当時ドイツの占領下にあったフランス大西洋岸、その港から1隻のU・ボートが出向しました。
このU・ボートに与えられた任務は大西洋を進む連合国軍のご相談を攻撃するという非常に厳しいもので、この任務を取材するために報道班員、そして歴戦の艦長と船員を載せて任務に向かいます。
しかし天候は悪く大西洋はあれており、そのような中孤立した状態にもかかわらず索敵や攻撃を単体で行うなど非常に過酷な状況を目の当たりにします。
日々敵のソナーや爆雷におびえ、そして死んでいく敵の姿はどんどんとU・ボートの乗員たちの心と体を蝕んでいきました。
その様な中でも乗組員たちはクリスマスには帰港できるように奮闘をしますが、突き付けられたのはさらに困難な任務、それでも生きて帰るためにU・ボートの乗組員たちは必死に任務を遂行しようとします。
しかしそのような中、U・ボートには非常な運命が待っているのでした。

Uボートの見どころ
本作品の見どころは忠実に再現されたU・ボートのセット、そして演技に本気で取り組んだからこその迫力を感じさせる撮影シーンでしょう。
先ほども記載した通り、U・ボートはとてつもない金額の製作費をかけたためとても精巧で映画にリアリティを感じさせてくれます。
実物大のレプリカを使用する、これはこの映画ならではといえるでしょう。
またこの作品の撮影には多大な時間と労力がかかり、それに伴い役者たちも疲弊していきます。
その疲弊した様子は逆に映画の内容と見事にマッチしており、更なる迫力を演出しました。
徐々に物語が進むにつれ、役者の髭がぼさぼさになったり、薄汚れていく様は正に当時の戦争を見事に引き出しているでしょう。

Uボートの主力キャスト
有名なキャストとしては館長役を演じたユルゲン・プロホノフ、ヴェルナー小異を演じたヘルベルト・グレーネマイヤーが挙げられるでしょう。

その迫力、精巧さからこの映画に出演した人物は有名になり、また監督はハリウッドデビューするなどその凄さは今なお色あせることはなく、不朽の名作といえる映画の1つでしょう。

動画配信サービス【dTV(ディーティービー)】※商品リンクあり

おすすめの記事