ラグビーワールドカップ 日本代表 ツイ・ヘンドリック

ラグビー日本代表のフランカーの1人が、ツイ・ヘンドリック選手です。
世界最強との呼び声の高いニュージーランドの出身で、大学からは日本へ来日した経歴を持っています。
ちなみに両親ともにサモアの出身で、サモアもまたラグビー強国の1つです。
日本のラグビー名門校の帝京大学へ進学し、在籍時には全国大学ラグビーフットボール選手権大会にて2回も優勝を経験しました。
その後2011年にはパナソニックのワイルドナイツに入団し、翌年には日本代表にも選出されています。
2013年からは現在も所属している、サントリーのサンゴリアスに移籍をしました。
さらに2014年には日本国籍を取得しています。
その後はスーパーラグビーでも活躍をしており、日本代表にとっては欠かせない選手の1人です。

ツイ・ヘンドリック選手のポジションはフランカーです。
スクラムを組む時は最後列で、サイドに展開をしていくようなポジションとなります。
相手側のボールである時はタックルにいったり、自分側であればボールをキャリーすることもあるポジションです。
ツイ・ヘンドリック選手の持ち味はこのボールを前に運んで、攻撃の起点となることにあります。
相手のタックルをかわしたり、いなしたりすることが上手く、非常に高いランスキルを持っているのが特徴です。
身体能力も高く、簡単には倒れない腰の強さを持っているのも魅力の1つでしょう。

実はツイ・ヘンドリック選手は、家族に日本へ行くことを反対されていたそうです。
13歳の時からラグビーを始めたそうですが、進学した先はニュージーランドでも名門と呼ばれる高校でした。
この高校に在学中に地元であるオークランドのチームのトライアルに挑戦をしていたという話があります。
そして高校最後の年にトライアルに受かったことで、チームから奨学金をもらって大学へ進学できるという話になっていたそうです。
ですが日本から視察にきていた帝京大学の監督が、直々にツイ・ヘンドリック選手をスカウトしたという経緯があります。
ツイ・ヘンドリック選手自身は世界を知ることができると、直ぐに決断をしました。
しかし日本という異国に1人で渡ることに、家族はとても心配をして反対したとの話があります。
結果的に日本に留学したことで、ツイ・ヘンドリック選手は代表にも選出されるまでに成長したというので、今では笑い話のように語られています。

ラグビー日本代表で活躍する、ツイ・ヘンドリック選手についての情報でした。
ニュージーランド出身で、非常に高い身体能力とランスキルを持っている選手です。
日本代表としても欠かせないプレーヤーの1人で、今回のワールドカップでも注目をしておいて損はありません。

おすすめの記事