ラグビーワールドカップ 日本代表 北出卓也

今回日本代表の1人として召集されたのが、北出卓也選手です。
北出卓也選手はフォワードの中でも、フッカーを担っています。
フッカーとはボールの扱いに長けた選手が務めるポジションであり、それに相応しい経歴を持っているのが特徴でしょう。
北出卓也選手のプロフィールを見てみますと、3歳からラグビーを始めるという英才教育を受けています。
日本ではラグビーはあまり馴染みのないスポーツなこともあって、この年齢から始める人は少ないでしょう。
実際に日本代表の選手を見ても、だいたい中学生ぐらいにラグビーを始めています。

北出卓也選手がどうして3歳からラグビーに触れていたのかというと、父親が洛西ラグビースクールのコーチだったという理由です。
実は北出卓也選手はサッカーも並行して行っていて、将来はJリーガーになりたいという夢も持っていました。
そのため途中でラグビーをやめたくなったこともあったそうですが、父親から小学校6年生まではとりあえず続けなさい、と言われたことで継続していました。
そして中学校に入学をする時に、サッカーかラグビーかを選ぶことになったのですが、父親の期待を汲んでラグビーを継続することにしたと本人が語っています。
中学校は地元の学校に進み、高校からはラグビー名門校の東海大仰星高校に進学をしました。
当時の監督が将来はスーパーラグビーの選手になれると太鼓判を押すほど、その才能が群を抜いていたと言えます。
実際に北出卓也選手は高校日本代表にも選出されています。
大学もそのまま東海大学へと進学し、1年生の時からレギュラーとしてここでも活躍をしました。

大学卒業後はサントリーのサンゴリアスに入団し、その後に日本代表にも選ばれています。
ただ北出卓也選手は今回の日本代表入りは難しいのでは、と当初は見られていました。
その理由はワールドカップの前哨戦ともいえる、パシフィックネーションズカップのメンバーから漏れたからです。
しかしこうした心配を吹き飛ばすかのように、ワールドカップ出場の代表選手に選ばれました。
タックルの強さや、ボール扱いの上手さが特徴の選手ですので、ワールドカップでも注目をしておきましょう。
フッカーとしてはライバルも多いですが、期待できる選手の1人です。

ラグビー日本代表のフッカーである北出卓也選手についてでした。
北出卓也選手は父親がラグビースクールのコーチをしていことから、幼い頃からラグビーに触れてきた選手です。
決して身体の大きな選手ではないのですが、鍛えられた身体でパワフルなプレイを見せてくれるでしょう。

おすすめの記事