ラグビー ワールドカップ 2019 ロシア

ロシアのラグビーワールドカップ代表は、愛称をベアーズと言います。そのまま熊の意味で、エンブレムにもデザインされていますので、分かりやすいでしょう。

実はロシア代表はワールドカップの予選では、ヨーロッパで3位という成績であったために出場を逃していました。

しかし同予選大会の1位であったルーマニア代表と、2位のスペイン代表が資格のない選手を出場させていたことがわかったのです。そのため1位と2位が取り消しとなり、繰り上げで3位のロシア代表が出場切符を掴みました。

世界ランキングで見ると、20位前後であるケースが多いです。ヨーロッパ圏に属するチームで見ると、若干の格下感があります。

しかし体格とそのパワーを活かしたプレーには定評があり、侮れないチームだと言って良いでしょう。

日本代表とも昨年対戦しており、その時は僅差で日本代表が勝利しています。今大会のプール戦でも日本と戦うため、注目しておきたいチームです。

ロシア代表の最近の試合を見ると、8月18日にイタリア代表との対戦がありました。この時は15対85と大差で負けています。

ただ相手のイタリア代表もシックスネーションに参加する、ヨーロッパの強豪国です。そのため決して侮って良い相手ではありません。

ロシア代表の強みは先ほどもお伝えしたように、パワフルなプレーを行うことです。それにプラスして近年では経験豊富なベテラン選手と、若手の選手がかみ合ってきている印象があるチームでしょう。

上手く世代交代をしているとも言え、ベテランの経験と若手の爆発力が期待できます。反面で強豪国との対戦を見るとわかりますが、全体的なレベルとしては決して高くありません。

そのためつけいる隙があるとも言えるでしょう。

最後にロシア代表のキープレイヤーを紹介していきます。

絶対に欠かせないのは、ユーリ・クシュナレフ選手です。20歳で代表としてデビューしてから、ずっとチームを牽引してきたベテラン選手になります。

国際試合の経験が豊富で、キックの精度の高さには定評があります。

先にお伝えしたユーリ選手と同様に、ロシア代表に欠かせない選手がヴァシリー・アルテミエフ選手でしょう。キャプテンを務める選手でもあり、代表経験が豊富です。

ユーリ選手とヴァシリー選手の2人が中心となって、ボールを動かしていくというロシア代表の基本的なスタイルとなります。この2人のベテラン選手の活躍如何によって、ロシア代表の強さも変わってくると言えるでしょう。

おすすめの記事