ラグビー ワールドカップ 2019 イタリア

ラグビーのイタリア代表は、ヨーロッパの強豪国の1つです。愛称はアズーリと言います。

詳しい人ですと、サッカーの代表と同じ愛称だと思われるかもしれません。

実はイタリアの代表というのは、各スポーツの代表すべてで青のユニフォームを着用するのです。そのため男子チームすべてをアズーリと呼んでいます。

ちなみにアズーリとは青色の複数形です。

イタリアはヨーロッパの強豪国の1つではありますが、ワールドカップにおいて決勝トーナメントに進出したことがありません。

ただシックスネーションにも参加しており、代表選手も本場イングランドやフランスなどのトップリーグに所属しています。そのためレベルの高い選手が多いことで、知られているのです。

イタリアのチームカラーは、やはりバックスのランでしょう。スピードスターの選手が多く、非常に高いランスキルと高い決定力を持っています。

両サイドのウィングが機能するようになれば、上位の国相手でも引けを取らない得点力が期待できるでしょう。

ここ最近のイタリア代表の試合結果も確認します。

8月10日に行われたアイルランドとの試合では、10対29という結果でした。8月18日にはロシアと対戦し、85対15と大勝しています。さらに8月31日にはフランス戦があり、47対19という結果でした。

9月7日にはイングランド代表も戦っており、その結果は0対37となっています。こうして見ると格上とされるチームには、勝てていない状態だと考えて良いでしょう。

チームとしての強みですが、やはりバックスのランスキルの高さです。その反面でフォワードの強さそのものへの、評価は高くありません。

バックスが上手く機能することができれば、高い得点力が期待できるでしょう。しかしバックスの得点力を発揮するには、フォワード陣の動きが重要となってきます。

これらが上手く機能するかどうかが、イタリア代表の結果に繋がってくるでしょう。

では最後にイタリア代表の注目選手を紹介します。

イタリア代表の司令塔なのが、トンマーゾ・アラン選手です。トンマーゾ・アラン選手の父親はスコットランド出身であったため、希望すれば同代表を選ぶこともできました。

しかし母親の母国であるイタリア代表を選び、2013年にデビューをしました。その安定したプレーには定評があります。

もう1人注目したいのが、ミケーレ・カンパニャーロ選手です。イタリア代表のバックス陣を牽引するスピードスターで、今大会でも活躍を期待されています。

おすすめの記事