世界中で有名な映画であるミッションインポッシブル、その5作目であるミッションインポッシブル/ローグ・ネイションは非常に有名な作品です。

正にスパイアクション映画の金字塔ともいえるこの作品は世界中でヒットしました。

この作品の主なあらすじとしてはこれまで数々の困難な任務を達成してきた主人公が次の任務を受けるところから始まります。

そしてその任務の内容、それは超巨大な犯罪組織、シンジケートの全貌を明らかにすることでした。

しかしこのシンジケート、巨大な犯罪組織にも関わらずその全容はほとんど謎に包まれています。

そこで早速この任務に取り掛かるためロンドンの支部へ向かう主人公でしたが、なんとロンドンの支部はすでにシンジケートの手に落ちていました。

それを知らずロンドン支部へ向かう主人公、そこで主人公は拉致をされてしまい拷問にかけられてしまいます。

一方そのころ、主人公に任務を課した本部も今までの問題を指摘され、解体されてしまったのです。

そのような中拷問から脱出した主人公、しかし本部は解体されてしまい、更にCIAからは反逆者とされ指名手配を受けてしまいます。

そして半年後、いまだCIAから追われながらもシンジケートを追い続ける主人公は新しい情報を手に入れるのでした。

ローグ・ネイションでの主な見どころはやはり歴代の作品を引き継いでいる爽快なアクションが真っ先に挙げられるでしょう。

題名の通り不可能を可能にする、これを体現した豪快なアクションはほかの映画ではなかなか見られないでしょう。

またスパイ映画らしくところどころ手に汗握るような緊張感を感じるシーンもあるため、視聴者を飽きさせません。

更にアクションと緊張感の合間にはところどころセンスを感じるギャグ要素も挟んでおり、疲労感を感じることなく楽しむことができるでしょう。

ストーリーも簡単で誰にでもわかりやすい内容になっており、過去作はもちろんの事この作品から見始めても誰でも楽しめる内容に仕上がっています。

主なキャストとしてはやはり主人公役を演じているトム・クルーズは外せませんね。

恐らく知らない人はいないであろうその知名度、そしてその知名度に恥じない演技力は圧巻です。

現在も新しいファンを獲得し続けているアクション映画の金字塔ミッションインポッシブル、その魅力はキャストの演技、そして物語、ド派手なアクションと非常に多岐にわたります。

1人で見るも、家族や友人と見ても楽しめる万能な作品ですね。

おすすめの記事